次に買う株

3月 25, 2019

次に買う株の「買うタイミングとなる価格」と、「その株の相場上限・下限」を自分の備忘録として、自己流でまとめました。

「次に買う株」の選定基準

1株200円から500円と安い

株は100株単位で買うため、安い株しか手を出せないという理由の他、安い株は、下落してもすぐに価格の底へ到達するため、取り戻しようのない損をしません。

相場が5%〜10%で頻繁に動く

頻繁に価格の動きが無いと、買っても売ることができません。チャートの3ヶ月から6ヶ月を確認して、価格の5%〜10%の範囲で頻繁に上下する銘柄を対象とします。

自分の購入タイミングとなる価格一覧

「相場下限」、「相場上限」は、おおよそこの幅で価格変動するとチャートを見て自己判断しました。「相場下限」に近い価格で現実的に買えそうな価格を「購入価格」に設定しています。




銘柄購入価格相場下限相場上限備考
クレア161623
小僧寿し373772急騰有
アジアゲートHD626195波大
アプラス8474109
ジャパンディスプレイ8568200
KeyHolder111110153急騰有
曙ブレーキ133133235
ショクブン196128500波大
アルテック213209306
レオパレス21235210400
ピクセル240230353
東リ248246400
井筒屋255254330
ヤフー265260320
タカラレーベン295290810
大塚家具314310400
RIZAP340190800
アトラ3683641000
エディア410363800
ヤマト473471700
スルガ銀行5165142250
シルバーエッグ12201,2161,600
ヤマノホールディングス80130
21LADY269350
大黒屋2733

Posted by ふくりーまん