早期リタイアに向けた金融資産ポートフォリオ構築(2021年7月時点)

2021年7月末時点の我が家の金融資産ポートフォリオをまとめました。

資産区分国内/海外比率(%)
株式国内25.1
海外14.7
債券国内7.9
海外2.6
不動産国内0.1
海外
コモディティ他7.6
現金国内41.9
合計100.0

金ETFの購入でコモディティに1pt増えたくらいで、他はほぼ変更なし。依然として国内比率が高いこと、現金が40%以上あって十分に活用できていないことが課題です。

最近レイ・ダリオのオール・シーズンズ戦略を知り、これを参考に債券比率を高めたいと思っているのですが、「債券バブルが終わった」という話を聞くこと、これからテーパリングの実施が確実視されることから、いつ何を買うのがベターなのか、鋭意勉強中です。今のところTLT、EDVなどの海外ETFが候補に挙がっています。

国内株式

ほぼ全て個別株式です。高配当株をメインに投資しており、配当金を稼ぐ役割と位置付けています。一部、いわゆる「ネットネット株」などの割安株などにも投資しています。2020年10月ごろから投資を開始し、1年弱で一気に投資銘柄数を増やしました。

海外株式

全世界株式と全米株式のインデックスファンドがメインで、一部海外ETFも保有しています。基本の投資スタイルは毎月の積立投資で、個人で投資している分と、勤務先の確定拠出年金で投資している分とがあります。いずれも長期で保有する予定であり、資産を増やす役割と位置付けています。

国内債券

個人向け国債を一部保有しています。もともと証券会社のキャンペーンに乗っかるために購入したのですが、最近は個人向け国債のキャンペーンがかなりグレードダウンしたこともあり、解約可能になる今年9月に解約し、そのあとは投資予定はありません。

海外債券

債券ETFと確定拠出年金のインデックスファンドに一部投資しています。定期的に買い付けるよりは、値下がりした局面でまとめ買いするケースが多いです。

コモディティ

金ETFがメインで、銀ETFも少し持っています。ポートフォリオ全体の値動きを安定させるために購入していますが、中期的には値上がりも期待しています。20~25%くらいまで投資比率を引き上げても良いと考えており、金鉱株などへの投資も開始しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました