FIREに副業は必須なのか?

多くのFIRE本、FIREブログなどではサラリーマンも副業に取り組むことを推奨しています。その理由を自分なりにまとめると、以下の通りです。

  • 給与収入以外の収入を得られることで、トータルの収入が増加する
  • 副業収入には給与収入とは異なる税制が適用され、税制面でも有利
  • 会社を退職した後にも、副業もしくは本業として継続できる
  • 副業にはITスキルやマーケティングスキルが必要とされることが多く、成功・失敗に関わらずスキルが身につく

いずれも大きなメリットです。最後のスキルアップについては、成功・失敗に関わらず糧になるということで、これを理由に副業を推奨している人も多いです。

一方、副業のデメリットとしてとにかく大きいのが「時間と労力がかかる」ことです。

最近流行りの副業である「ブログ」「Youtube」「アフィリエイト」などに取り組むにせよ、本業以外に時給労働(アルバイト)をやるにせよ、それなりにまとまった時間が必要です。ですので普通のサラリーマンが副業を始める場合、何か他の時間を削って副業に充てることになります。

もし自分に「明らかにダラダラしている時間」があるのなら、その時間を副業に充てるのはとても建設的です(実際ありますよね、ダラダラ動画見たりゲームしたりしてる時間…)。

しかし「寝る時間」や「家族と過ごす時間」、「趣味の時間」などを削るとしたらどうでしょうか?もし「寝る時間」を削ると健康を害する可能性が高いでしょうし、「家族と過ごす時間」や「趣味の時間」など、自分にとって大事な時間を削ると人生の満足度が下がる可能性があります。短期集中で取り組むならこれらも一つの選択肢かもしれませんが、FIREは「幸せな人生を送るためのプロセスの一つ」に過ぎませんから、副業で人生の幸福度を下げてしまうのは本末転倒です。

また、「本業の時間」を削るのも要注意です。会社員にとって一番大きい収入は給与収入です。副業に取り組んだ結果、本業に支障が出てしまい、収入全体が減ってしまうのでは逆効果です。勤め先がブラック企業で残業代が付かないというパターンであれば、残業を減らして副業に取り組むことで収入が増える可能性がありますが、その場合は転職の方を優先すべきでしょう。

本業の給与水準が十分高く、その仕事を続けることに支障がない場合、まずは本業から得られる給与収入を高めることに注力しましょう。そこから得られる可処分所得を投資に回し、じっくり金融資産を形成していくことができれば、多少時間がかかっても(副業で無理をするより)人生の満足度は高まるように思います。

私自身、副業にできればとブログを始めたのですが、毎日更新するのは思った以上に大変でした。仕事の資料作成で文章を書くのには慣れていたつもりでしたが、ブログの文章を書くのはまた違った頭の使い方が要求されます。ですので、今はこのブログは副業目的ではなく、自分の考えを整理するためと割り切って、思いついたタイミングで更新することにしています。

FIREを目指す皆さんが、無理に副業に取り組んで後悔しないこと、また願わくば副業に成功してFIRE実現を早めることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました