FIRE達成後に公営住宅に住むのはアリか!?

最近のFIREに関する悩み事で一番大きいのが「FIRE達成後にどこに住むか?」です。

我が家の場合、妻と子供が「今住んでいるエリアから離れたくない」という意見のため、今の住居の近くで「家を買うか」「借りるか」という選択肢しかありません。

今の住居は勤務先会社の「借上社宅」で、家賃補助を当てにして駅近の非常にアクセスのよい場所を選びました。同じエリアで家族3人が住める物件を探すと、買う場合で4,000万円~5,000万円、借りる場合で15万円/月くらいします。FIREを目指す人間としてはありえないレベルですが、自分で住むエリアを選択できない以上、この選択肢しかありません。

そこで最近思いついたのが、「市営住宅」、「県営住宅」などの公営住宅に住むという選択肢です。ざっと調べたところ、主な条件は以下の通りでした。

  • 自己名義の住宅を所有していない
  • 世帯の月収入が15万8千円以下

「自己名義の住宅を所有していない」という条件は現時点では問題なしですが、今後不動産投資で物件を取得した場合にも抵触する可能性がありそうですね。

世帯の月収入については、夫婦ともにリタイアし収入が配当のみという状況が1年間続けば、問題なさそうです。

一方でデメリットもあります。

  • 抽選に当選しないと入居資格が得られない
  • 入居後、収入が一定額を超えると入居し続けられなくなる
  • 住宅管理人の当番が回ってくる
抽選に当選しないと入居資格が得られない

一番大きいデメリットはこれでしょう。そもそも抽選に当たらなければ入居できないため、公営住宅をの入居を前提に生活設計をすることは困難です。また、入居資格を維持するために収入を低く抑えるというのも本末転倒です。もし、配当収入と資産取り崩しで支出を賄う、という生活が長く続くようなら公営住宅への応募も視野に入れる、というくらいがちょうどよさそうです。

 入居後、収入が一定額を超えると入居し続けられなくなる

これは、大きな問題ではないかもしれません。公営住宅に住むことを決めた時点で、当面事業収入や給与収入が入らないと見込んでいるはずです。配当収入が基準額を超えそうなら、資産配分を見直すなどの必要はあるかもしれません。

住宅管理人の当番が回ってくる

今住んでいる自治体の公営住宅のしおりによると、入居者の中から住宅管理人を選ぶことになっており、住宅管理人の仕事として「共益費の集金と管理」などが挙げられていました。・・・これはめんどくさい。通常のマンションなどと違って、管理業務を自分たちでやれ、ということなんでしょうね。

それ以外にも、「妻が難色を示している」という大きな壁もあります。事実として、公営住宅は低所得者向けの住居として運営されているものですので、公営住宅に住んでいることについて、例えば子供の友達などがどう感じるか、というのは無視できないポイントかと思います。

やはり子持ちのFIREは独身者よりもハードルが高い、と思い直しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました