セミリタイアを目指します

はじめまして、福リーマンです。

首都圏在住の40歳の会社員で、妻、子供の3人家族です。

40歳になったのを機に、今の会社を辞めてセミリタイアすることを真剣に検討し始めました。

セミリタイアを検討し始めた直接的なきっかけは、新型コロナウィルス感染症拡大の前後で仕事・プライベートともに環境の変化が重なり、体調を崩したことです。具体的には、以下のことが起きました。

  • 管理職に昇格し、部下を持った。
  • 忙しい部署に異動し、仕事量が激増した。
  • 仕事が一気にリモートワークに切り替わった。
  • 子供の保育園が休園となり、家で子供を世話しながら仕事することになった。

慣れない生活が続く中で次第に心身ともに疲弊していき、ネットで「会社やめたい」、「会社行きたくない」といったキーワードで検索しては、そういったサイト、動画を毎日のように見ていました。

そんな中で、FIRE(Financial Independence, Retire Early)という言葉を知りました。この言葉を見たときにふと思い出したのが、「俺、そういえば定年まで働くつもりはなかった」です。

私は20代のころに橘玲さんの書籍で「経済的自由」という概念やインデックス投資のことを知り、「40代で1億円を貯めて早期リタイアする」ことを目標にしました。その後、会社生活にそこそこ満足していたことから、そんな目標は忘れていたのですが、幸か不幸か体調を崩したことで、初心に戻れたわけです。

幸い、夫婦共働きを十数年間コツコツ続けてきたこと、資産運用やポイ活、固定費を中心とした支出最適化に取り組んできたことから、世帯の金融資産は1億円を突破しています。

大多数の人は「1億円あれば会社辞められる」と思うかもしれませんが、今のところ妻の理解は完全には得られていません。自分自身でも「本当に大丈夫か?」という思いがあります(^^;)

このブログでは、私、福リーマンが金融資産を元手に配当などの不労所得を作り、かつ自信をもって早期リタイアできるだけのマインドを作っていく過程を発信していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました