セミリタイア後の住居をどうするか

私の目下の悩みは、セミリタイアを達成した後の住居をどうするか、です。

私は勤めている会社の福利厚生が充実していたため、社会人になってから今に至るまで、会社の寮と社宅にしか住んだことがありません。自分で家を借りたことも買ったこともないというのが現状です。

しかしセミリタイア後は現在の社宅を出なければならず、新たに住居を探す必要があります。

早期リタイアされた方々のブログなどを見ると、以下のパターンが多いようです。

  • リタイア前に自宅を購入済みで、リタイア後も同じ住居に住み続ける。
  • リタイアを機に住宅費が安い場所、好きな土地に移り住む。

いずれのパターンにも共通して言えるのが、「住宅費をなるべく安く抑えること」です。早期リタイア後は収入が減少しますので、住宅費は会社勤めの頃と同じか、それ以下に抑える方が無難です。というより、高い住宅費を払いながらリタイア生活を送るのは、一部の超富裕層じゃないとたぶん無理です。

しかし子持ち家族が早期リタイアする場合、住居費を安く抑えることだけを考えればOKというわけではありません。当然のことながら家族全員の意向をすり合わせる必要があります。

(恥ずかしながら、私自身も妻の意向をしっかり聞かないまま「住居費が安い方がよい」という考えを押し付けようとして、妻と険悪になったことがあります…)

我が家の場合、家族それぞれの意向をまとめると以下のようになりました。

  • 私:なるべく住居費が安く、便利なところに移り住みたい。
  • 妻:今住んでいる地域の人間関係が大事なので、離れたくない。
  • 子供:転校はイヤだ。

…困りました💦

私が住んでいるのは首都圏であり、このまま住み続けると住宅費はそこそこ高額です。金銭的には住宅費が安い場所に移り住んだ方が無難です。

しかし、妻と子供には「今住んでいる地域から離れたくない」という強い思いがあります。この気持ちを無視して強硬に引っ越しを実行することはできません。

ここから導き出される選択肢は「今住んでいる土地で、なるべくリーズナブルな住居を探す」「資産価値が落ちにくい住居であれば、購入も前向きに検討」となりました。

ということで、賃貸・購入の両方を視野に入れつつ、地元の物件をチェックしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました